03-3985-0308
対応時間
平日 9時~17時
定休日
土・日・祝日

※事前予約で時間外対応可能です

税金 計算/CIMA税理士事務所

CIMA税理士事務所 > 税務に関するキーワード > 税金 計算

税金 計算

  • 相続税とは

    そのため、他の税金に比べて税務調査はかなり多くなっています。税務調査で無申告や過少申告が発覚した場合は、本来納税すべきであった額を納税しなければならないのはもちろん、延滞税、無申告加算税、過少申告加算税、重加算税などの追徴課税が行われます。 また、適切な節税手段を知らずに納税をしてしまったことで、大幅な損をしてし...

  • 相続税の基礎控除額

    なお、基礎控除額の計算において、養子は被相続人に実子がいなかった場合は2人、実子がいた場合には1人までしか人数に組み入れることはできません。 この基礎控除額、平成27年より前は「5000万円+法定相続人の数×1000万円」でした。これに限った話ではないですが、税制は比較的法改正や、制度の利用条件の改定が多いため、...

  • 相続税の納付方法

    この場合の収納価額は、相続税計算時の評価額となります。 なお、土地について、担保権の設定されている場合、境界や権利の帰属について争訟中である場合、共有物である場合(共有している人全員の合意があった場合を除く)などは物納をすることができません。 また、相続時精算課税制度の適用を受けた財産を物納することはできません。...

  • 会社が納める税金の種類

    会社が支払う税金は10種類以上あります。会社が納める代表的な税金の種類は次のようなものがあります。 ・法人税会社の利益にかかる税金です。会社の利益に税率をかけて税額を算出します。法人税には、国税である法人税と地方税で去る地方法人税に分類されます。 ・消費税会社でも個人でモノを買う時に支払っている消費税を支払う必要...

  • 法人税申告の流れ

    貸借対照表や損益計算書などを作成しましょう。 〇税金の額を計算する決算書の作成が終わった後、消費税や法人税の計算を行って税金の額を確定させましょう。 〇法人税の申告書を作成して、申告、納税する実際に申告書を作成して、納めるべき法人税等を税務署に納税しましょう。 法人税の申告はご自身でも行うことが可能です。しかし、...

  • 法人の確定申告

    その期間に、その年の取引の記帳をすべて終わらせた上で貸借対照表や損益計算書などの決算書類を作成し、法人税等を納付する必要があるのです。 法人の確定申告はその法人独自で行うことも可能ですが、税理士に依頼することによって次のようなメリットがあります。・期限内の確定申告が出来る・信頼性のある確定申告書を作成できる・金融...

  • 法人税の税金・節税対策

    現在の日本の税制では、法人の利益が上がれば上がるほど納めなければならない税金が増えていくため、節税を行うことによって法人に残るお金を増やしていくことが必要になってきます。これが、法人の節税対策の必要性です。 法人税の節税対策としては、・小規模企業共済に加入する・不要な固定資産を除却する・新たに設備投資をする・30...

  • 消費税の更正と還付される税金

    破産手続きをする際には、会社にキャッシュが残っていないことが一般的かと考えられるため、いち早く税金の還付を受けることが必要になってきます。還付される税金は次のようなものがあります。 ・利子、配当等の源泉所得税・都道府県民税の利子割額・法人税、地方税、消費税等の中間納付額・欠損金の繰り戻し還付 預かり消費税に関して...

  • 滞納中の税金や社会保険料

    会社が破産した場合にその会社が税金や社会保険料を滞納していた場合でも、社会保険料等の債権は破産免責の対象外であることから、社会保険料や税金の債務は会社が追い続けることとなります。 しかし、会社の破産手続きが終了してしまうと、その会社は法人格を失うことになるため消滅します。会社は法人格がなくなると、社会保険料債務や...

  • 決算書作成

    決算書の中身は「貸借対照表」や「損益計算書」、「製造原価報告書」などがあり、それぞれ法令に基づいて作成されます。 決算書の作成手順としては、「決算残高の確定」、「税金等の計算」、「決算書の作成」の3つの段階に分かれます。 「決算残高の確定」ここでは、決算日での現金や売掛金等の残高が帳簿上と現状とで間違いがないかを...

  • 決算申告に必要な書類

    貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書、株主資本等変動計算書などから成り立っています。この書類は法人税申告書に添付する書類になります。・法人税申告書・消費税申告書・法人事業概況説明書(事業概況書)事業内容や従業員数、取引状況等を税務署へ報告する書類です。 この他にも場合によって、必要な書類がある場合があり...

  • 税務調査の準備と対策

    税務調査では、法人が納める法人罪などの税金が正しく収められているかという事を税務署が調査します。 税務調査は数日で終わることが一般的ではありますが、場合によっては調査が終わってからも税務署とのやり取りが続くこともあり、本業に影響が出る場合もあります。そのため、出来るだけ早く税務調査が終わるように準備をしておく必要...

  • 節税対策の必要性

    現在の日本の税制では、法人の利益が上がれば上がるほど納めなければならない税金が増えていくため、節税を行うことによって法人に残るお金を増やしていくことが必要になってきます。これが、法人の節税対策の必要性です。 法人に残るお金が増えると設備投資や新規事業にかけることが出来るお金が生まれてきます。そのため、法人では節税...

  • 組織再編に関する税務申告

    組織再編は、わずかな手続きの失敗や作成した申告書類の間違いによって、多額の税金が課される恐れがあります。反対に、適切な手続きを踏み、ケースに応じた税金対策を講じることで課税を逃れることが可能です。 決してミスがないよう組織再編を進めていくことが重要となるため、専門的な知識と経験をもったプロフェッショナルと連携して...

  • 二代目社長が考えるべき事業再編

    組織再編をすることで、そうした問題を解決することができますし、また税金対策にもなります。組織再編には時間がかかりますので、早期の段階から準備を進めていくことが重要です。 CIMA税理士事務所は東京都豊島区・練馬区・杉並区・板橋区を中心に、神奈川県・千葉県・埼玉県・福島県において、皆様からご相談を承っております。

  • 杉並区で税理士に確定申告を依頼するならCIMA税理士事務所へ

    確定申告は個人事業を営んでいらっしゃる方はもちろんのことですが、サラリーマンの方でも確定申告を行うことによって、税金の還付を受けることが出来る可能性があります。確定申告で税還付を受けることの出来る税控除の枠は様々なものがあり、その枠を上手に利用することによって、効率的な節税を行うことが可能です。 確定申告を税理士...

CIMA税理士事務所が提供する基礎知識

  • 組織再編とは

    組織再編とは、事業運営の効率化や規模の拡大を目的とした会社法上の法律行為です。M&Aなどの場面でも組織再編を行う...

  • 今からできる相続税対策

    一定の金額以上の財産を相続すると、相続税が発生します。相続する財産が多ければ多いほど、相続税は高額になってしまいます。そ...

  • M&Aの方法やプ...

    M&Aとは、他会社の事業を承継したり、他会社の株式を取得し会社自体を承継する等の方法で、事業の拡大を図ることをい...

  • 相続税申告の全体の流れ

    相続税は申告義務があるのか、ないのかを納税義務者である相続人が判断をしなければなりません。 そのため、申告義務...

  • 組織再編計画の策定と実行

    現在、少子高齢化によって国内市場が衰退する中、グローバル化によって世界から日本市場に向けたアプローチが図られています。そ...

  • 税務顧問

    税務顧問とは、税務に関することを税理士と会計顧問契約書を結び、会計顧問料を支払うことによって法人の経営の右腕となる存在と...

  • 会社分割のメリット・デメ...

    会社分割とは、会社が事業の全部やその一部を他の会社に承継させることや、分社化して新たに会社を設立することをいいます。&n...

  • 会社設立・起業支援

    会社を設立すると、税務署に提出する書類が数多くあります。代表的なものは、会社の設立届と青色申告の申請書、給与支払事業所の...

  • 法人の確定申告

    法人の事業年度が終わると法人税等の確定申告を行う必要があります。法人の確定申告は決算から2か月以内に行う必要があります。...

  • 破産管財事件の税務申告

    破産管財事件の場合には、選任された破産管財人である弁護士が税務申告手続きを行う必要があります。破産管財人である弁護士は、...

よく検索されるキーワード

代表税理士紹介

〜30年の経験を元に、創生・発展・安定・移行に向けた各段階をサポート〜

「CIMA」はスペイン語で「至上」「頂上」「最高峰」などの意味で、英語のpeak、topと同義。お客様を事業経営の「頂上」へ安全に導くため、「最高」のプロッフェショナルサービスを提供したいという思いで命名しました。

平光税理士の写真
代表税理士
平光 康晃(ひらみつ やすあき)
所属団体

東京税理士会

東京行政書士会

ごあいさつ

企業の創業から安定経営までの道のりを、ひとつの山登りに例えてみましょう。


ご自分、または親類縁者の協力を得て起業資金を集め、情熱と志をを持って登りはじめる「アーリーステージ」(創業)。あなたの目指す山の頂きは決まっています。さて、目的地までのコンパスと地図はお持ちですか?


現在のご自分の位置と将来の道程を判断し、進む道先を示す正確な情報はお持ちでしょうか?


企業経営を行う上では、企業の財政状態と経営成績に関る情報を正しく分析し、事業を進めなければ頂上には辿りつけません。また、時として予定していた行程を修正しながら進む必要があるかもしれません。中には何か事情があり、「単独行」せざる得ない方もいらっしゃるかもしれません。


山登りに「パートナー」が必要なように、安全な企業経営を目指すのであれば、熟練したシェルパー(道先案内人)の同伴が必須です。


私たちはお客様のシェルパーとして、激動の時代における羅針盤として、「創生」「発展」「安定」「移行」を目指す方々の一助となることを望んでおります。

プロフィール

1959年 広島県生まれ

1986年 早稲田大学大学院商学研究科修了

1989年 税理士登録(東京税理士会豊島支部所属 登録番号:68342)

2014年 平光会計事務所をCIMA税理士法人に改組

2020年 CIMA税理士法人をCIMA税理士事務所に改組

ITコーディネータ経験あり

事務所概要

名称 CIMA税理士事務所
所属 東京税理士会、東京行政書士会
代表者 平光 康晃
所在地 〒171-0022 東京都豊島区南池袋2丁目5番1号 CIMAⅠビル3F
電話番号/FAX番号 TEL:03-3985-0308 / FAX:03-3983-0160
対応時間 平日9:00~17:00 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能
定休日 土・日・祝 ※ご予約いただければ時間外の対応も可能

ページトップへ